ライクアカデミーの保育とは

メイン

ライク子ども理念

のびやかに育て 大地の芽

あたたかな環境の中で、一人ひとりの心に寄りそい、人や物・自然との豊かな出会いや体験を通して生きていく力を育てます。

人 家族、友達、子どもたちを見守る私たち。そして世界中のいろいろな「
物 子どもたちの好奇心をかきたてる木々、おもちゃ、絵本、絵の具、楽器、ラップの芯や牛乳パックなどの身近にある様々な「
自然 木々や土、雨や風、植物、動物などの「自然

これがライクアカデミーの子ども理念(保育理念)です。あたたかな大地から出てきたばかりの小さな芽である子どもたち。当社では、子どもたちが大地にしっかりと根を張り、のびやかに、思い思いの花を咲かせていってほしいと願っています。

人としての土台づくりとなる大切な時期に、子どもたちがさまざまな人・物・自然と出会い、その中で豊かな体験をすることを通して、生きていく力(=「豊かな感性」+「他者への思いやり」+「主体的に考え行動する力」)を育んでいけるように努めてまいります。

保育目標

思いやりのある子ども

思いやりのある子ども

自ら考え行動できる子ども

自ら考え行動できる子ども

保育プログラム(実践事例)

0~2歳

「自然」「素材を活かした手作りおもちゃ」等により、「感触を楽しむ」「好奇心の芽生えを促す」「身体能力を高める」などを目的としたプログラム事例

0~5歳

身近な自然とのかかわりを通じて、科学への興味を育むことなどを重視したプログラム事例(自然共育)

0~5歳

友達と協力して活動することで、思いやりの気持ちを育んだり、考える力が広がったりするプログラム事例

© LIKE Kidsnext Co.,Ltd.