ニュース

令和最初の内定式を開催、保育士・学童指導員・栄養士153名が参加しました

ライクアカデミーは、TKP新橋カンファレンスセンターにて2020年度新卒入社の保育士、学童指導員、栄養士の内定式を執り行いました。

s-%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

■“好きで好きでたまらない”に出会える場所へ
ライクアカデミーは「“好きで好きでたまらない”に出会える場所へ」という採用コンセプトのもと採用活動を行っております。
好きなことを持った先生達が個性を活かし合い、協力しながらそれぞれの好きなこと、得意なことを活かした保育を行う。
それによって、保育園が子どもたちにとって自分が「好き」と思えることに出会える場所となることを願っています。

■内定式の様子
内定式では、ライクキッズ株式会社代表取締役会長岡本泰彦やライクキッズ代表取締役社長佐々木雄一(以下、佐々木)からの祝辞をはじめ、内定者同士の自己紹介やグループワークで「学生と社会人の違い」について考え発表し、社会人へ向けて気持ちを新たにしました。

s-%e2%98%85%e2%91%a1

また内定式後の懇親会では、令和最初にちなんだ「令和クイズ」で大いに盛り上がりました。最後には毎年恒例になりつつある、佐々木がサンタ姿で登場し、優勝チームにプレゼントを贈呈しました。

s-%e2%98%85%e2%91%a2

■待機児童解消後は「選ばれる保育園」に
厚生労働省の発表によると、2019年4月時点で日本における待機児童数は16,772人、昨年より3,000人以上の待機児童が解消されたと言われております。
まだまだ保育の需要に対して供給が追い付いていない状況ですが、引き続き国の施策により保育園が増え、待機児童が解消される時代がやってきます。待機児童解消後にも長く運営を続けていくには、保育の「質」、職員の「働きやすい環境」を追求し、関わる全ての方に「選ばれる保育園」にならなければなりません。選ばれる保育事業者になるため、お客様に高品質の保育サービスを提供するべく、採用した人材の育成に力を入れてまいります。
また、職員の働き方改革についてもICT化を図り、より働きやすい職場を目指してまいります。

s-%e2%98%85%e2%91%a3

■ライクアカデミーについて
ライクアカデミーは、「人から“ありがとう”といわれるサービスを提供する」という企業理念のもと、事業所内保育施設はもちろん、認可保育園・認証保育所である「にじいろ保育園」、学童クラブ・児童館など、幅広い保育施設を全国で340ヶ所以上運営しております。

ライクキッズ・ライクアカデミーは、子どもも保護者も安心できる『第二の家』を提供し、働く子育て世代を応援しています。

戻る

© LIKE Kids, Inc.