学童クラブ・児童館

メイン

3つの児童福祉施設で子育てをサポート

共働きの家庭などで問題となっているのが、子どもが小学校に上がる時にぶつかる「小1の壁」。その壁を解決するのが、放課後や長期休みに子どもたちが安心して過ごすことができる地域の児童福祉施設です。
ライクアカデミーは、学童クラブ、児童館、全児童対策事業の3つの児童福祉施設を運営することで、お仕事などの事情で放課後や長期休みの子どもを見られない保護者様を支援し、安心して働ける地域づくりに貢献します。

学童クラブ

学童クラブ

子どもたちの自立心や社会性を育む

直営の「にじいろ学童クラブ」のほか、公設民営学童クラブ、公設民営全児童対策施設である「放課後キッズクラブ」を運営しています。
放課後や長期休み中に、お子さまをお預かりし、指導員が見守る中、仲間と遊びや宿題をすることによって、自立心や社会性を育みます。

児童館

児童館

18歳未満の子どもに健全な遊び場を提供

18歳未満を対象に遊びを通じて、心身の健康と豊かな情緒を育むことを目的とする公設民営児童館を運営しています。館内では、専門の指導員が子どもたちに遊びの指導を行っています。

全児童対策事業

全児童対策事業

小学校全学年の参加で社会性を育む

全児童対策事業は小学校の全学年を対象に定員を設けず、放課後や週末の遊びや生活の場を提供しています。

学童クラブ・児童館サービスの目標・方針

子どもの将来にとって、自分の存在自体に価値があると感じながら生活することはとても重要なことです。
ライクアカデミーの学童クラブ・児童館サービスでは、利用する子どもたちがいつでも自分らしさを出すことができる、安心・安全な居場所をつくることを目標に掲げています。

この目標を達成するための方針として、子どもの声が自然にあふれる空間づくり、整理整頓を基本とした安全の確保、「ありがとう」と言われるサービスの提供を心がけています。

目標

いつでも「笑ったり」「泣いたり」「怒ったり」自分らしさを出すことができる安心・安全な居場所をつくります。

方針

いつでも子どもの声があふれる空間整理整頓を基本とした安全の確保と「ありがとう」と言われるサービスの提供。

ライクアカデミーの指導員

保護者や学校・地域との連携を深めています

学童クラブや児童館などに通う子どもたちに最も影響を与えるのが、そこで子どもをケアする指導員です。ライクアカデミーの指導員は、子どもたちが安心してのびのびと過ごせるように、悲しい時や苛立つ時にはやさしく寄り添い、うれしい時や楽しい時には一緒に喜びを共感するなど、深い愛情を持って子どもたちとかかわります。子どもだけでなく保護者様にとっても居心地のよい場所となるよう努め、一緒に子育ての楽しさや悩みなど分かち合えるようにしています。
また、学校や地域の皆さまとも積極的に連携しています。
学校関係者には施設の役割や内容を理解していただき、協力体制を築いています。地域へは子どもの安全確保や活動の幅を広げるために連携をしています。さらに地元行事への参加などで交流を深めることで、子どもたちを見守り支える地域づくりにも貢献しています。
ライクアカデミーの指導員1
ライクアカデミーの指導員1

© LIKE Kidsnext Co.,Ltd.